<< 茨木の出会いが重要だと批判します | main | 彼らに私は威圧的な態度を取った大阪 >>

茨木の出会いが書かれた本です

0

    新渡戸稲造 『武士道日本ころろ』を読みました。日本のスピリチュアルcを紹介するために書かれた本です。
    新渡戸と内村は札幌農業大学(現北海道大学)で同じクラスでした。数理物理学者の新渡戸、英語の内村という大祭司。札幌農業会社は、「男の子、野心的」で有名なクラーク博士を招待して設立されました。茨木の出会い博士は設立から約半年で故郷に帰国したため、茨木の出会いらは実際には会いませんでした。しかし、クラーク博士は知的な紳士であり、西側には良い習慣と哲学「公正、自由、独立」の概念を残しました。

    茨木出会い

    "武士道"、 "代表的な日本人"は、日本人が過激派の民族ではないことを西側に知らせるために書かれた本です。日本を理解しようとしただけの本ではありません。簡単に言うと、差別は平易な英語で書かれており、当然のことながら一神教の世界では人間が理解することができます。新渡戸のアプローチは、物理学の知識、数学の知識、知識の深さ、西洋人のユーモアで綴られています。内村は、公平な社会的実現を目指している貧困層出身の西郷、二宮貴典などの西洋を紹介し、紹介する英語を堪能なスピーカーです。

    2冊の本は西部で最も売れていました。茨木の出会いの本は、日本人が書いた本にもかかわらず、国内に輸入され、翻訳者が日本語訳を出版しています。同じ窓の中にいる2人の人々は、同じような手段で同時に世界に影響を与える人々になります。これは偶然ではありません。札幌農業大学には教育のヒントがあるようです。

    敗北後、日本は現在WGIPによる教育上の制限により制限を受けています。

    osaka4221 * 茨木 * 19:40 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ